岡山県の外壁塗装は、地域密着36年の共栄塗装店へお任せください。サイトマップ

岡山県倉敷市の外壁塗装

窯業系サイディングボード塗装を紹介いたします。

窯業系サイディングボード塗装
工程1。足場組み立て

安全に作業をするために、単管と足場板にて慎重に組み立てしております。
洗浄時の水しぶきや、塗料の飛散などでご近所様にご迷惑をおかけしないように、
ネットやシートを取り付けるためにも、必要な工程です。

足場の組み立て 足場の組み立て
工程2。高圧洗浄
高圧洗浄用の足場

高圧洗浄で屋根や壁を洗うと、
汚れた水しぶきが飛び散ることになります。
ご近所様にご迷惑をおかけしない為にも、
全体をシートで囲います。


コケや汚れをしっかりと洗浄で除去して、
塗装に適した、キレイな下地にします。



工程3。継ぎ目のコーキングのうち替え

こちらのお客様宅は築16年です。
これくらいの築年数になると、どうしても継ぎ目のコーキングが劣化し、
防水性能が弱まった状態になっています。
この上からコーキングを塗る「増し打ち」ではコーキングの塗布量が少なく、
次回の塗装までの防水効果は期待できません。
ですので、古いコーキングを除去し、新たに打ちかえる「全打ちかえ」をいたします。

コーキングの亀裂 コーキングの劣化 コーキングの手順 コーキングの手順 コーキングの手順
下塗り「シーラー塗装」

いよいよ塗装の段階に取り掛かります。
まずは下塗り塗料として、「シーラー」を塗装いたします。
ボードの表面に膜を張り、その後に塗る塗料の過剰な吸い込みを防ぎ、
仕上げ塗料の密着性を高める「接着剤」の役割もある重要な工程です。

エポキシ樹脂シーラー塗装 シーラー塗り完了後

「シーラー」は透明な塗料ですので
外壁に色は付きませんが、
塗装後には、これだけでツヤが出ます。


実は塗装を長持ちさせるためには、この
下塗り段階でのツヤが必要不可欠です。
塗料の劣化、剥れなどを防ぐためには
下塗りシーラーをしっかりと塗装することが
大事となります。決して手は抜けません。



仕上げ塗装(1回目)

仕上げ塗装の1回目に取り掛かります。
使用塗料には、耐候性の高い塗料である「2液性シリコンウレタン塗料」、
「ユメロック」を使用しています。

ユメロック ユメロック
仕上げ塗装(2回目)
ユメロック
そして完成です
サイディングボード塗装完成 外壁、屋根の無料見積もりはこちらから!

年中無休・営業時間・am8:00〜pm7:00
ネットでのお問い合わせは24時間営業です!。