岡山県の外壁塗装は、倉敷の地域密着、共栄塗装店へお任せください。サイトマップ

岡山県倉敷市の外壁塗装
塗替えは大きな買い物です。

あなた様にとって「マイホームの塗替え」は、大きな買い物である「一大事業」ですよね。
大きな買い物である以上、満足のいく仕上がりを望むのは当然であり、
それは「塗装業者の質」で、大きく左右されます。
塗装業者の選択に成功し、「満足のいく塗替え」のために少しでもお役に立てれば、と思い
塗装職人から見た、「塗装業者選びのポイント」を書かせていただきます。
業者選びで悩むあなた様にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。


”極端”なことを言う業者の場合、注意が必要です

「真面目にコツコツとやってきている」会社ならば「見積もりから塗装まで」、
すべてにおいて真剣に取り組んでいますので、一度出した見積もり金額から
"大幅に値引きする"、という契約をとることだけを目的とした「極端」なことはしません。


塗装仕事はコツコツと時間をかけなければ良い仕事のできない、「近道のない」作業です。
契約をとるために「極端に良い」ことを言う場合、「極端に悪い仕事」をする恐れもあることを
ご承知ください。


私は職業柄、よく「こんなことを言う営業マンが来ました」というお話を聞きますので、
気をつけていただきたい、「営業マンの手口」を何点か紹介します。
※下の黒字は、私の見解です。


○「近所の〜さんの家を塗装しています。足場を運ぶ手間が省けますので、15万円安くしますよ!」
↑足場を組む手間は同じですので、「近いから安くできる」という理屈にはなりません。

○「上司に値引きしても良いか、聞いてきます!」と、電話する営業マン
↑その場ですぐに契約させるための「演出」である可能性が高いと言えます。
「真剣に出した見積もり」であるのならば、最初から「できる範囲での最安値」を提出するべきです。

○「キャンペーン中なので、今ご契約いただければ20万円値引きできます!」
↑その場での契約を急ぐ場合、「他社と比較されたくない」理由がある可能性が高いと言えます。
リフォームトラブルの多くは、「家族に相談もできないまま、その場で契約させられた」パターンが多いので、
あせらず、じっくりと検討してください。

これ以外にも多くの言い回しがあるかと思います。
極端な言い回しに惑わされることのないよう、ご家族や知人の方にも相談しながら
じっくりと業者選びをしていただければ、と思います。


「極端に甘い文句を言う人」は、「極端に悪いこともする」恐れもあることをご承知ください。



「屋根や壁に問題がないか、無料で点検しますよ」
〜点検商法〜

いわゆる「訪問販売(飛び込み営業)」の一種ですが、いきなりやってきて
「屋根の上は家の人ではなかなか点検できないと思いますので、無料で点検しますよ。
無料なので、安心してください」と言うので、「無料なら・・」と承諾されるケースがあるようです。


これは私の実体験ですが、当社のお客様がお電話をしてこられて、
-----------------------------------------------------------------------------
〜「無料で屋根の点検をします」と言うので屋根に上がらせたら、「瓦がずれています、
修理をしないと雨漏りして、下の木が腐って白アリがきます!これが証拠の写真です」と
瓦がずれた写真を見せて補修工事の契約を迫られた。不安だから、見に来て欲しい。〜
-----------------------------------------------------------------------------
とのご連絡を受け翌日、お伺いをしました。


業者から渡されたという写真を見ると、不自然に瓦がずれた状態で写されたものです。
しかし屋根に上がってみると、瓦がずれた部分などありませんでした。


つまり、「屋根の上で自分で瓦をずらして写真を撮り、それを見せて不安をあおって、
補修工事の契約を迫る」、という詐欺的な手法を使っていました。


こういった手法は「点検商法」と呼ばれ、親切そうに「無料だから安心ですよ!」と
家の方を安心させた後に、「このままでは危ない!」と不安をあおる手法です。


塗装においては、「壁にヒビ割れがあるので、塗装をしないとヒビから雨水が浸入して
柱が腐りますよ!」と、塗装の契約を迫るケースが多いようです。


実際にこういった業者が来た場合でも決して、その場で契約はしないようにしてください。
本当に危険な状態であるのかどうかは飛び込みでやってきた業者ではなく、
その道のプロである、瓦屋さん、大工さん、塗装屋さんに相談をしてください。
良心的な常識のある業者であれば、「その場ですぐ」の契約は迫らないはずですので。



「飛び込み営業」の業者と契約してしまったが、
解約したい。という場合には

営業マンに乗せられて、あるいは不安をあおられて、つい契約してしまったが、
あとで家族や知人に相談すると、「そこはやめたほうがいい」と言われた。
解約したいけど、業者が解約に応じてくれない。というケースは実際に多く聞きます。


その際、契約から8日間以内であれば無条件で解約をすることが可能です。
「クーリング・オフ制度」として、特定商取引に関する法律に適用されています。


ですが、業者に電話して「クーリング・オフします」、と言っても解約はできません。
クーリング・オフを成立させるためには書面にて、解約する旨を書いてから、
相手業者に送付する必要があります。


ただ、ご自身で書面を送っても、業者に「そんな書面は来ていない」、と言われる恐れが
ありますので、お住まいの地域の近くにある「消費生活センター」へ相談に行ってください。
解約書面の書き方、または相手業者への警告等、親切に対応してくれます。
「岡山県消費生活センター」のサイトはhttp://www.pref.okayama.jp/seikatsu/syohi/syohi.htmです。


クーリング・オフ可能期間(8日間)を過ぎた場合でも一応、「消費生活センター」へ
相談にいってみてください。


「25坪、2階建ての家で、塗装代金〜万円」、と書く
リフォーム会社のチラシ

「まるごと塗装パック!」といった、うたい文句で掲載されていることが多いです。


人それぞれ性格が違うように、家もまた「全く同じ家」はありません。
たとえ、同じ「建坪25坪、2階建て」の住宅であっても
全て、家の形状や塗装面積が同じなわけがありません。


塗装する壁面積はもちろん、塗装すべき木部や鉄部の有無によっても、金額は違ってきます。
そもそも、洋風住宅か、和風住宅か、壁材はモルタルかサイディングか、
というだけでも大きく塗装工程は違ってきます。
この「まるごとパック」は、作業のひとつひとつをお客様にきちんと説明しない
「一式見積もり」の最たる例であり、私から見ると「大ざっぱ」と感じます。


「値段がわかりやすい」のは結構なことですが、日本には「一事が万事」という言葉もあります。
「塗装を丁寧にする会社」は、「見積もりも丁寧にする」はずではないでしょうか。



保証書について

塗装終了後に「保証書」をお客様に渡す業者は増えています。
保証書の存在がお客様の「安心」につながるのはとても良いことです。


ですが「保証書を出してくれたから、安心して契約した。しかし塗装から1年後に
塗膜がはがれてきたから、その会社に電話したら、『そのときの担当者が辞めたから、わからない』
と言って、修理に来てくれない」という話を聞いたことがあります。
業者がつぶれてなくなってしまい、保証がただの紙切れになるケースもあるようです。


私は疑問に思い、すこし調べて見たのですが基本的には塗装業者の発行する「保証書」にたいして
行政の認証などはなく、あくまでも"業者の良心"にゆだねている場合が多いようです。


ある程度の年数がたってしまった「経年劣化」の場合は仕方がありませんが、
本来は保証書がなくても業者側に劣化の原因があった場合は、駆けつけてやり直すのが
本当の塗装屋です。


同時に、お客様が(例えば)車を壁にこすってしまった場合などでも、
無償で直しに行く職人でありたい、と私は思っています。


保証書を「契約をとるための道具」にしている業者がいるのは残念なことではありますが、
保証書そのものは「お客様に安心していただく」意味でも、不必要なものではありません。
私が思うには、「保証書の存在を、契約前に必要以上にちらつかせる業者」には要注意です。

|トップページ|初めての方へ|お問い合わせ|メールフォーム|塗装屋ブログ|共栄塗装店の紹介|

当店の営業エリア(岡山県)

岡山市, 倉敷市, 都窪郡, 総社市,玉野市, 笠岡市

外壁、屋根の無料見積もりはこちらから!

年中無休・営業時間・am8:00〜pm7:00
ネットでのお問い合わせは24時間営業です!。