岡山県の外壁塗装は、地域密着36年の共栄塗装店へお任せください。サイトマップ

岡山県倉敷市の外壁塗装

カラーベスト屋根塗替えのご説明

カラーベスト カラーベスト カラーベスト

当店のカラーベスト屋根の塗装と、その手順について説明いたします。


まず最初に確認することは、お客様宅の、ご近所の状況です。
お客様宅の隣にご近所の家がない場合は、何も問題はありません。
しかし、お隣様のお宅が文字どうり「隣」にある場合は、足場が必要となります。
(瓦を洗浄すると汚れた水が飛び、ご迷惑をおかけすることになりますので・・・)

この場合の「足場」は、外壁塗装の場合のように、人間が上がって作業するためのものではなく、
メッシュネットを張るためだけのものですので、外壁時のように、頑丈に作る必要はありません。
(もちろん、足場倒壊などの危険がないように、安全な建て方をいたします。)

高圧洗浄前の屋根点検

続いての作業は高圧洗浄になりますが、その前に、屋根全体を念入りに点検しておきます。
割れたカラーベストやヒビの入っ部分があれば、そのまま洗浄すると水が漏ってしまいます。
あるいは、棟や尾のトタン部分にサビによる穴があいていないか、また板金状態により、
雨漏りが発生しそうな部分がないか点検をし、問題箇所があれば補修いたします。
この場合は別途費用となりますが、その有無や量により金額は変わってきます。
作業前に必ず、作業の必要性のご説明と金額を提示し、お客様のご了解を得た後、作業をいたします。
勝手に作業をして、後で追加金額を請求することはけっしてありません。!


高圧洗浄

カラーベスト屋根の高圧洗浄 カラーベストの高圧洗浄 カラーベスト屋根の高圧洗浄
カラーベスト高圧洗浄前⇔高圧洗浄後
カラーベスト高圧洗浄前 カラーベスト高圧洗浄後

次は、ガソリン燃料の動力噴霧器による、高圧洗浄です。
黄色や緑のコケは、塗膜がはげ、ザラザラになった場所に付着しています。
頑固に付着しています。
ですので、強い圧力で洗浄しないと落ちてくれません。また、取れかかっている旧塗膜も一緒に洗い流し、除去します。 ここで手抜きをすると、せっかくキレイに塗装してもはやく剥がれてしまいます。
この高圧洗浄だけで、一日を要する、と言うのはざらにあることです。

この後、カラーベスト屋根をしっかりと乾かすために最低でも一日は置きます。
しっかり乾く前に塗装をしてしまうと、屋根の中の水が水蒸気となって塗膜を押し上げ、瓦表面が泡を吹いたようにブツブツに なったり、塗膜を剥がしてしまいます。

下塗りシーラー塗装

本格的に、塗装の段階に入ります。
まずは、カラーベストを塗装するにあたって「必ず必要な工程」と断言できるのがシーラー塗装です。


高圧洗浄により表面のコケやホコリなどを除去されたカラーベストは、
大変水分を吸収しやすい状態にあります。
そのまま仕上げ塗装をしてしまうと、カラーベストが仕上げ塗料を吸い込んでしまいますので、
何回塗ろうとも綺麗にはなりません。 下塗りシーラーを塗装することでカラーベストの表面に膜を張り、仕上げ塗料の吸い込みを防ぐとともに、
接着効果もあるシーラーが、仕上げ塗料とカラーベスト屋根を強力に接着いたします。


カラーベストのシーラー塗り

左はシーラ塗装(細部をハケ塗り)。
下は広い部分をローラー塗装しています。

カラーベストのシーラー塗り

仕上げ塗装

当店で扱っているカラーベスト用仕上げ塗料は大きく分けて、

水性、油性それぞれに特徴があり、お客様宅の屋根の状態によってどちらが適しているか、
判断する必要があります。
実際に拝見させていただくことで判断、または助言をさせていただきますので、
ご遠慮なくお問い合わせください。

カラーベスト塗替え
カラーベスト塗替え
カラーベスト塗替え

トタン部分の塗装

カラーベスト屋根の包み棟、ケラといった部分は、鉄製のトタンである場合が多いです。

カラーベスト包み棟

左の写真が包み棟。
下がケラです。

カラーベストのケラ

上の写真のように多くの場合、サビの発生が見受けられます。
道具によりサビの表面をこすり、サビを除去後、下塗りに「サビ止め塗装」。
その後、トタン用のシリコン塗料(2回塗り)をおこないます。
(カラーベスト用塗料に油性塗料を使用する場合は、カラーベストとトタン部分は同じ塗料を使用します。)

包み棟、サビ止め塗装

カラーベストにサビ止め塗料 カラーベストにサビ止め塗料

包み棟、仕上げ塗装(1回目)

カラーベストの仕上げ カラーベストの仕上げ

包み棟、仕上げ塗装(2回目)

カラーベストの仕上げ カラーベストの仕上げ

最後の作業は縁切りです。
雨の吹き降りや大水などで、瓦の継ぎ目から入った水がそのまま外に流れて出るように、カラーベストの形は設計されています。 塗装をしたことによって、カラーベストの継ぎ目を塗膜がふさいでしまうことがあります。
そのまま放置しておくと入り込んだ水が逃げ場を失い、水が逆流し、雨漏りの原因となります。そこでマイナスドライバーや、 カワスキという専用の道具で、継ぎ目をふさぐ塗膜を切っていきます。
地味で、時間のかかる作業ですが、不可欠な作業です。
以上がカラーベスト塗装の説明となります。ご質問、ご不明な点があれば、
お問い合わせ、 まで、 ご質問いただければ、わたしに答えられる限りでお答えいたします。

|トップページ|初めての方へ|お問い合わせ|メールフォーム|塗装屋ブログ|共栄塗装店の紹介|

共栄塗装店の営業エリア(岡山県)

岡山市, 倉敷市, 早島町, 総社市,玉野市

<外壁、屋根の無料見積もりはこちらから!

年中無休・営業時間・am8:00〜pm7:00
ネットでのお問い合わせは24時間営業です!。