岡山県の外壁塗装は、地域密着36年の共栄塗装店へお任せください。サイトマップ

岡山県倉敷市の外壁塗装

モニエル瓦屋根の塗装事例を紹介いたします。

塗装前

モニエルセメント瓦屋根塗装の施工写真
使用塗料
下塗り
(3回塗り)
スラリー強化
プライマー
上塗り
(2回塗り)
水系ナノ
シリコン

塗装後

「モニエル瓦」はセメント瓦の一種ですが、「乾式洋瓦」といわれる特殊な瓦です。


通常の瓦とは違い、表面に「スラリー層」というセメントの粉を薄く吹き付けてあります。
この「スラリー層」がいつまでも瓦に密着していてくれれば何の問題もないのですが、
経年変化によりベロベロと剥れてくる恐れが大きい瓦です。
塗装時に剥れているところをキレイに除去して塗装をしても、数年後にはその他の部分が剥れる、
という瓦でして、以前は長持ちのする塗装施工が難しい瓦でありました。


「通常のセメント瓦」と「モニエル瓦」の見極め方法は、重ね(小口)部分が
ボコボコしているのが「モニエル瓦」、そうでないのが「通常のセメント瓦」です。

セメント瓦とモニエル瓦

せっかくキレイに塗装をしても数年後には剥れてしまうかも知れない「モニエル瓦」・・・
ですが「スラリー層」をガッチリ固めてしまう専用の下塗り材を使用することで、問題は解消されます。


「スラリー強化プライマー」(水谷ペイント)です。
主剤(6kg)に硬化剤(2kg)、水(8kg)を混ぜてから使用します。
硬化剤を投入することで乾燥後に塗膜が強く固まり、「スラリー層」を瓦と凝固させる、というわけです。


一度に一缶全部の塗料を作ると、使い切る前に硬化が始まってしまう恐れがありますので、
ハカリを用いて、半分ずつ塗料を作り、強化プライマーの性能を落とさないようします。

スラリー強化プライマー スラリー強化プライマー

塗装前の作業として、経年により付着したコケや、剥れかかっている「スラリー層」を、
高圧洗浄機にて洗い落とします。塗装と同様に重要な工程です。


高圧洗浄前

モニエル瓦洗浄前 モニエル瓦洗浄前

高圧洗浄後

モニエル瓦 モニエル瓦
スラリー強化プライマー塗装

乾燥後にプライマーを塗装するのですが、とにかく流れるくらいタップリと塗ります。

スラリー強化プライマー スラリー強化プライマー

しかしタップリと塗っても、1回塗りでは完璧ではありません。
完全に「スラリー層」を凝固させるには、プライマーだけでツヤがでるくらいの必要があり、
それには最低でも2回塗り、状態によっては3回塗りに必要があります。
今回のお客様宅では、3回のプライマー塗装をいたしました。

スラリー強化プライマー スラリー強化プライマー

下の写真が、「スラリー強化プライマー」3回塗りの終了後です。
黒っぽい色でツヤが出る状態になり、「スラリー層」をしっかりと凝固させています。

スラリー強化プライマー スラリー強化プライマー
仕上げ塗装「水系ナノシリコン」

その後、いよいよ仕上げ塗装に取り掛かります。
「水系ナノシリコン」(水谷ペイント)を2回塗りしております。


色あせがしにくく、コケの付着を防ぐ、とても優れた塗料です。

仕上げ塗装1回目

水系ナノシリコン 水系ナノシリコン

仕上げ塗装2回目

水系ナノシリコン 水系ナノシリコン
完成です。

塗装完了いたしました。
モニエル瓦にとって一番重要な、下塗りを入念に塗装していますので、
「スラリー層」の剥れのない、長持ちのする塗装ができたと自負しております。


塗装前の写真です。

モニエル瓦洗浄前 モニエル瓦洗浄前

塗装完了後の写真です。

モニエル瓦 モニエル瓦

|トップページ|初めての方へ|お問い合わせ|メールフォーム|塗装屋ブログ|共栄塗装店の紹介|

外壁、屋根の無料見積もりはこちらから!

年中無休・営業時間・am8:00〜pm7:00
ネットでのお問い合わせは24時間営業です!。