外壁塗装時のコーキング補修。共栄塗装店 岡山県倉敷市の外壁塗装業者です

岡山県倉敷市の外壁塗装

クラック(ヒビ割れ部)のコーキング補修

補修実例:その1
目地部分のひび割れ

モルタル製の外壁においてよくあるヒビ割れが、この「目地部分のヒビ割れ」です。
塗装をお考えになる時期にきている外壁の場合、最も多いパターンといえます。


元来この「目地部分」は、モルタル外壁に区切りをつけることで、
ヒビの発生を少しでも防ぐためにつけられた筋です。
広い平面な部分にヒビを発生させない代わりとして、
この「目地部分」にヒビが発生するのは、仕方ないことかもしれません。


コーキング用プライマー

コーキング用プライマー

モルタルは本来、コーキングが付着しにくい特性を持っています。
そのままの状態でいきなりコーキングを塗布すると、数年後には
コーキングが剥れ落ちる、という危険性もあります。
そこでコーキングの密着性を高めるために、コーキングを塗布する部分に
「コーキング用、下塗りプライマー」を塗ります。
いわばコーキング用の接着剤といえる物で、コーキングと外壁の密着性を高めます。



コーキング用プライマー コーキング用プライマー

コーキング塗布

コーキング塗布後

コーキング塗布後の写真です。
塗料との相性が良い「変性シリコンコーキング」を使用しております。



補修実例:その2
コーキングの目隠し

次の実例は、「コーキングを塗った部分を目立たなくする方法」です。


右の写真の中央部、白い丸の部分は、チェーンを取り付けるための
金具がついていました。
お客様より、「不要になったから取り外してほしい」とのご要望を受け、
金具を取り外し、その部分の穴をコーキングで埋めました。


この後、このまま塗装をするとコーキングを塗った丸い部分だけがツルツルとして
目立ってしまいます。
そこで、コーキング部分が目立たないように補修をいたします。



模様合わせ

砂骨ローラー

こちらのお客様宅の外壁模様は「さざ波模様」というものです。
コーキングの丸い部分を同化させるため、この部分にも「さざ波模様」を作ります。
その作業を「模様合わせ」と言います。


右の写真は「さざ波模様」を作る専用のローラー、「砂骨ローラー」というものです。
粘度の高い下塗り塗料、「微弾性フィラー」を、この「砂骨ローラー」を使用して
塗装することで、「さざ波模様」を作り、コーキング部分を目立たなくします。

さざ波模様

さざ波模様
さざ波模様

左側の写真が、「砂骨ローラー」と「微弾性フィラー」を使用して作った「さざ波模様」です。


右の写真はその後、仕上げ塗装を完了した後の写真です。
コーキングを塗っていた丸い部分が、違和感なく同化していることがおわかりいただけると思います。



外壁、屋根の無料見積もりはこちらから!

年中無休・営業時間・am8:00〜pm7:00
ネットでのお問い合わせは24時間営業です!。