DIY塗装、手順の紹介:岡山県の共栄塗装店

岡山県倉敷市の外壁塗装
「我が家」を自分の手で美しく塗替えしましょう!

このページでは、「自分の手で、大切な我が家を塗替えたい!」
「だけど、本当に自分で塗れるかな?」
「どんな道具が必要?」、「塗料選びのコツは?」、「塗り方のコツは?」
という疑問に少しでもお役に立てるように、作ったページです。
まだまだ内容は浅いですが、随時更新してまいります。


「満足のいくDIY塗装」の実現のためのお手伝いができれば、幸いです。


塗装に使用する道具

「塗装」というものは、ただ適当に塗れば良い、というものではなく、
「塗る」部分と、「塗らない=塗料で汚してはならない」部分をはっきりとキワをつけることで、
より美しい仕上がりが得られます。


塗装が大きくはみ出したり、ポタポタと下に塗料をこぼしていたら、美しいとは言えませんよね?
それを防ぐための作業を「養生」といいます。

左が「養生テープ」という紙テープです。
右が「マスキングテープ(略してマスカーといいます)」という物で、 緑色の部分はガムテープになっていて、どちらもホームセンターで購入できます。

養生テープ マスキングテープ

下の写真でいうと、レンガの部分を汚さずに、白い面を塗装したい。
そういうときに「養生テープ」と「マスカー」でレンガを隠します。

養生の手順

マスカーテープの代わりに新聞紙を使用する、という方法もあります。
また、床などの、下の部分にはシートや古毛布などを使用して、
ポタポタと塗料で汚さないようにしましょう。

養生について説明した当店のブログは、ここをクリックしてください。



トタンや鉄骨などの「鉄物」を塗装する場合、塗装前の下地処理が必要となります。
サビや汚れの上からそのまま塗装しても、一時だけ隠したにすぎません。
まずはサビやコケなどを除去することから、塗装は始まります。


下の写真は「マジックロン」というタワシのような道具でして、
トタンや鉄骨に発生した、軽度のサビや、付着した汚れやコケを除去するのに使います。
これもホームセンターで購入できます。

マジックロン

下の写真の「カワスキ」と「スクレーパー」は、
トタンのはがれかかった旧塗膜を除去するために使用します。
比較的はがれやすい塗膜は「カワスキ」で。
硬い塗膜は、より強力な「スクレーパー」を使用します。
カワスキ、スクレーパー

下の写真のように、はがれそうな塗膜を除去できる道具です。

カワスキ、スクレーパー

下の写真は「サンダー」という道具です。
鉄骨やトタンなどに深いサビが発生した場合、マジックロンでは完全除去はむずかしいので、
サンダーを使用して、徹底的にサビを除去する必要があります。

サンダー

下の写真のように、サビを除去することができる道具です。


トタン屋根の塗装DIY

サビや剥がれそうな塗膜を除去した後、いよいよ塗装の段階に入ります。
トタンや鉄骨などの、いわゆる「鉄物」を塗装する場合は、
下塗りとして、かならず「サビドメ塗料」を塗装する必要があります。


「サビが発生していない部分には、サビドメ塗装は必要ないのでは?」と、
お客様からご指摘をいただいたことがありますが、
「サビドメ塗料」は単純に「サビを止めるだけの塗料」ではなく、
その後に塗る、仕上げ塗料との接着剤的な役割も担っております。


また、サビドメ塗料は粘度が高く、厚い膜をトタン上に形成しますので、
トタンそのものが外気にふれることを防ぎます。
「サビドメ塗装」を下塗りとして使用するかしないかで、塗装の長持ちが変わってきます。


ホームセンターなどでは水性のサビドメ塗料も販売しているようですが、
トタンの塗装には、必ず油性の塗料を使用してください。
鉄物であるトタンは、夏にはかなり温度が高くなります。
その異常な高温には、水性塗料では耐え切れずに、数年でベロベロに剥がれる恐れが、大です。


ホームセンターで安く販売している合成樹脂系のサビドメ塗料でも、塗らないよりはマシですが、
できれば、塗料販売店にて、「エポキシ製サビドメ塗料」をご使用ください。
シンナーで薄めるだけで使用できる「1液性」、
硬化剤と主剤を混ぜ合わせて使用する「2液製」、の2種類あります。


耐久性が高いのは「2液製」ですが、硬化剤を混入すると当日中に使用しないと
翌日には硬化してしまって、使用できない。という使いにくい塗料でもありますので、
DIYで使用する場合には、「1液性エポキシ製サビドメ塗料」でも充分かと思います。


おすすめのサビドメ塗料、「ザウルスEX」(関西ペイント)です。
1液性のエポキシ塗料で、使いやすい塗料であります。

ザウルスEX

サビドメ塗装の作業手順

最初に、サビが発生したり塗膜が剥がれていた部分、というのは
塗膜がちゃんと残っている部分よりも弱い状態にあります。


ですので、まずはそれらの部分だけを先にハケにて、サビドメ塗装をしておきます。
(その作業をタッチアップといいます。)
その後に全体を塗装しますので、タッチアップをした部分は
サビドメ2回塗りになりますので、より強くなる、というわけです。


その後、隅などの「ローラーでは塗りにくい」部分をハケ塗りします。

サビドメ塗装の手順

ハケ塗りで下のような状態になれば、あとは広い面をローラー塗装です。

サビドメ塗装

|トップページ|初めての方へ|お問い合わせ|メールフォーム|塗装屋ブログ|共栄塗装店の紹介|

当店の営業エリア(岡山県)

岡山市, 倉敷市, 都窪郡, 総社市,玉野市, 笠岡市

外壁、屋根の無料見積もりはこちらから!

年中無休・営業時間・am8:00〜pm7:00
ネットでのお問い合わせは24時間営業です!。