岡山県の外壁塗装は、地域密着36年の共栄塗装店へお任せください。サイトマップ

岡山県倉敷市の外壁塗装

ひとことで「外壁塗装」と言っても、いったいどんな作業をするのでしょうか?
ここでは当店が外壁塗装をさせていただく上で、「必要である」と考える作業を説明いたします。

外壁塗替えの作業工程

ご近所様へのご挨拶は、当店が必ずおこないます。
また、作業中にもご近所様にご迷惑をおかけしないように、
最善を尽くした作業をいたします。

外壁塗替えの足場組み立て

外壁塗装の施工で最初におこなうことは、
足場の組み立てです。


元々は高い場所での作業を「安全」「正確」に
進めるために必要不可欠な作業工程でありました。
さらに付け加えて、「ご近所様にご迷惑をおかけしないため」 という役割も果たしています。



外壁塗替えの足場組み立て

屋根や壁を塗装する前に、必ず必要な作業として、
「高圧水洗い」があります。


付着したコケや汚れを除去して、
屋根や壁を塗装に適した状態にします。
その「高圧洗浄」の際、コケや汚れを含んだ水が
飛びますので、それがご近所様宅に飛散しないように、
足場に養生ネットを取り付けます。



外壁塗替えの足場組み立て

「安全・作業円滑・お隣様に迷惑をおかけしない」
これらの理由から、仮設足場は必ず
必要な作業工程であります。
共栄塗装店は自社で足場も組み立てております。


外壁塗装の高圧洗浄

次の作業は動力噴霧器による、高圧洗浄になります。


外壁材によっては汚れやすいものもあり、
また日当たりの悪い面はコケやカビが発生します。
これらを除去し、下地をキレイな状態にすることで初めて、
「塗装ができる状態」ができあがります。


外壁のひび割れ

つぎの作業は、外壁面の状態確認です。


モルタル製外壁の場合、
ヒビの発生を免れることは難しいので、
効果的なヒビ割れの補修をすることは
必要不可欠といえます。


以前に塗布されたシーリング材が劣化し、
その機能を果たしていないと判断した場合、
旧シーリング材を除去し、新しく塗布いたします。


(小さいヒビ割れは、下塗り塗料の
「微弾性フィラー」で埋まります)。
(右の写真をご参照ください)


外壁のひび割れ

構造クラック(深部に達するヒビ割れ)の下地処理:
Vカット後シーリング処理

ヒビ割れが表層部分にとどまっている
ヘアークラックとは違い、
ヒビ割れの要因が建物の構造の脆弱から
起因していると考えられるものや、
モルタル深部にまでヒビが達していると診断される、
「構造クラック」に対する下地処理の説明をいたします。


構造クラックの場合、微細な地震などの要因で
ヒビが再発することがあり、
上記の微弾性フィラー塗装を行ったとしても、
また同じところにヒビが出てしまうため、
弾力性の強いコーキング材でヒビを埋めます。


この場合、コーキングがクラックの中に
十分に充填されるよう、
ダイヤモンドカッター等の工具を用いてあえて
ヒビの巾を広げ、
そこにコーキングを充填する手法をとります。


またボード外壁の場合はつなぎ目に
コーキングを使用されている場合が多く
10年程経過するとコーキングが劣化し、ヒビや割れる、といった現象が発生します。


コーキングがヒビ割れた隙間から雨水が入り、
ボード外壁の防水機能を低下させることになりますので、
塗装と同時にコーキングを取り替えることが必須となります。


サイディングボード塗装
外壁の養生

ドアや窓などの「開口部」、ベランダの手すり、
あるいは家の周りにある「汚してはいけないもの」を、
シートや、マスカーと呼ばれるナイロンで隠します。


その作業を「養生」といいます。


いくらしっかりと塗装を塗り重ねても、
塗装しない部分にベタベタと塗料が付いてしまうと
「キレイな仕上がり」とはいえません。



外壁の養生

塗る面と塗らない面との境をはっきりとつけることで、
より外壁に美しい仕上がりが得られます。


ここからいよいよ塗装工程に入ります

シーラー塗装

シーラー塗装

まずは下塗りとして、「シーラー」を塗装いたします。


外壁素材に浸透し固める役割と、
素材と上塗り材との密着を助ける機能を果たします。


モルタル系外壁を塗装する場合、
ボード系外壁を塗装する場合
、 いずれの壁を塗る場合でも、この
「下塗りシーラー」は必ず必要不可欠です。


太陽熱や雨にうたれて壁面はざらざらに荒れており、
そのまま外壁に上塗り塗料を塗装してしまうと
壁面が塗料を全て吸い込んでしまい、
何回塗っても決して綺麗にはなりません。 シーラーを塗ることで壁面上に膜を張り、
中塗り、上塗りとの密着性を高めます。



微弾性フィラー塗装

微弾性フィラー塗装

モルタル外壁を塗装する場合は、
この上に微弾性フィラーを塗る必要があります。


この「微弾性フィラー」は硬化すると、
ゴム系の柔軟で滑らかな状態になり、ヒビ割れに追従し、
モルタル外壁に発生しがちなヒビ割れを抑える効果があります。


また、リシンやスキンといった、
「ザラザラ」した外壁の表面を、
ゴム系の滑らかな質感に変えますので、
汚れが付着しにくい、というメリットがあります。


外壁の仕上げ塗装

当店では上塗りは最低2回塗り、
状態によっては3回塗りをおこないます。
この上塗り工程により、下地材を保護し、
色をつけ美観的にも美しく完成させることができます。


塗料は、希釈材により水性系と溶剤系に分類され、
さらに溶剤型は一液型と二液型に分類することができます。



外壁の仕上げ塗装

水性系、溶剤系、一概にどちらが良いとはいいきれません。
水性が厚膜でやわらかい塗膜を形成するのに対し、
溶剤系は薄膜で硬い塗膜を形成することから、
水性は下地に対し柔軟に追従することが
長所となりますが、汚れが着きやすいという
欠点があります。


一方、溶剤系は、水性と比べると汚れも付き難く
耐久性も強いと言えますが、下地の動きに対し追従できず、 ヒビ割れが入りやすいと言う欠点があります。


基本的には、モルタル系外壁には水性塗料、
ボード外壁には弱溶剤(油性)の2液塗料をお勧めいたします。

当店の扱う外壁塗装作業は大きくわけて3種類あります。

アクリル弾性塗料(外壁用)

安価だがやや耐候性が低く、色ツヤの褪せが早いです。
5,6年程前までは外壁用の塗料の主流でしたが、最近では使用されることは減ってきています。
しかし、弾性塗料(乾くとゴム系になる)という特性から、ひび割れしにくい、という強みはあります。


ウレタン樹脂塗料(外壁用)

アクリルより若干高めですが、そのツヤ、耐候性はかなり良好です。 反応硬化型の塗料で、
強い塗膜を外壁面に形成し、当店の施工経験でも、一番多い塗装方法です。


シリコン樹脂塗料(外壁用)

ガラス質の反応硬化型の塗料で、塗膜は硬く、非常に美しい艶感が得られます。
アクリル、ウレタンに比べて高価になりますが、現時点ではお勧めの塗装方法のひとつです。


当店で使用機会の多い塗料を紹介したページはここをクリックください

当店の外壁塗装の目安金額については、ここをクリックください
それぞれの作業内容の単価については、どちらのお客様宅でも、それほど変わりはありません。
しかし、お客様宅によって大きさや状態は異なってきますので、合計金額は実際に
お見積もりをとらせていただけなければ、お出しすることはできません


もちろんご相談、お見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
担当、橋本豪紀(はしもとひでとし)


ご質問、ご不明な点があれば、
お問い合わせフォーム、 までご質問いただければ、わたしに答えられる限りでお答えいたします。

|トップページ|初めての方へ|お問い合わせ|メールフォーム|ブログ|共栄塗装店の紹介|

外壁、屋根の無料見積もりはこちらから!

年中無休・営業時間・am8:00〜pm7:00
ネットでのお問い合わせは24時間営業です!。