外壁塗装なら地域に密着して32年の共栄塗装店へおまかせください!。

岡山県倉敷市の外壁塗装

破風板(はふいた)の塗装をご説明します。

破風板

各住宅の建築仕様のよって、木製であったり、ケイカル板製であったりしますので、
必ずしもすべての方にとって有効なご説明ではありません。


ここでは、一般的な住宅に多いと思われる「木製の破風板の塗装」について説明いたします。


木目を塗りつぶさずに、自然な木目調の柄を残したい場合
キシラデコール

「せっかくの木目だから、塗りつぶさずに生かしたい」
と、お考えの方には、
木材保護塗料「キシラデコール」をお勧めします。

防腐・防カビ性が高く、色合いも薄いニス色ですので、
木目を生かし、なおかつ雨や太陽に打たれる破風を守ってくれます。

標準施工は、下塗り塗料「カラレス」を塗装後よく乾燥させて、
「キシラデコール」を2回、状態によっては3回塗りいたします。


塗料で着色して、アクセントをつける場合

その破風板にとって初めての塗装であれば、そのまま塗装をして問題ありません。
ですが以前に塗装をされている破風板の場合、旧塗膜が剥れている場合が多いと思います。

剥れかかっている旧塗膜を完全に除去してからでないと、塗装は長持ちしません。
旧塗膜を除去する工程を「ケレン」と言い、塗装において非常に重要な工程です。

下の左の写真が「ケレン」作業、右が「ケレン」を終えた後の写真です。 破風板ケレン

いよいよ塗装工程に取り掛かります

当店が破風板塗装に使用することが多い塗料を紹介いたします。
左が2液性ウレタン塗料「ファインルーフ?」、右が1液性シリコン塗料「スーパーシリコン」です。

現在はこの2つを使用することが多いですが、もちろん、今後さらに良い塗料を見つければ
変更していくつもりであります。

ファインルーフ2 スーパーシリコン

雨や太陽光線で表面が劣化した破風板は、非常に水分を吸い込みやすい状態にあります。
キレイに塗装するためには最低でも3回は塗装をする必要があるでしょう。

破風板塗装 破風板塗装

破風板塗装1回目

破風板塗装

破風板塗装2回目

破風板塗装

破風板塗装3回目

破風板塗装
外壁、屋根の無料見積もりはこちらから!

年中無休・営業時間・am8:00〜pm7:00
ネットでのお問い合わせは24時間営業です!。